現在地
楽天生命トップ > 女性保険(ココ・カラ)TOP > 女性の病気辞典 > 乳腺症
働く女性のココロとカラダをスッキリ!ココ・カラ ココロもカラダもスッキリしよう!!
  • 「ココ・カラ」TOP
  • オススメ!女性向け医療保険商品
  • リアルコミック 女性の病気
  • 女性の病気辞典
  • これからに備える Womanコラム

女性の病気辞典

乳房の病気 乳腺症

どんな病気?

乳腺症は年齢に伴って起こる性ホルモンの不均衡(バランスが崩れること)による生理的変化で、病気ではありません。30~40歳代女性の生理の前に症状が出やすく、生理が始まると症状はおさまります。加齢に伴う乳房の変化や、更年期(45歳〜55歳)、老化現象をきたす年齢において、乳房の異常として最も多く見られる症状です。一般的に、妊娠を中断したことのある人、妊娠中絶、流産経験のある人、出産回数が少ない人、授乳経験がない人、授乳期間が短かった人、生理不順の人、排卵のない人、ストレスの多い人、脂肪摂取量が多い人の発症が多いとされています。

乳腺症と呼ばれる症状が、性ホルモンのどのような不均衡によるのか、なぜこのような変化をきたすのかは、まだはっきりと解明されていませんが、女性ホルモンの一つであるエストロゲンが原因とも言われています。

どんな症状?

乳腺症とは、乳房の分泌組織が痛む症状のことをいいます。

20代は体が妊娠や出産に備え、生理時に乳房が張ったりしますが、出産後の授乳時期が終わり、加齢とともに乳腺は乳を分泌する役割を終え、だんだんと乳房に弾力がなくなっていきます。さらに、閉経(月経が永久的に停止すること)後に、乳房は脂肪組織へと変化します。

乳腺症の主な症状は、我慢できないほどの乳房の痛みや、生理以外の時にも乳房に痛みを感じます。出産時期や授乳時期の女性が生理の時に多少の痛みを感じるのは一般的ですが、そうした時期以外でも痛みが続く、頻繁に痛みが続くといった症状があれば、乳腺症の疑いがあるでしょう。

また、乳腺症の症状として、しこりも症状のひとつです。乳がんと勘違いするケースもありますので、乳房の痛みやしこりがある時は、痛みを我慢せず、早期に専門のクリニックを受診しましょう。

治療法

乳腺症の治療法は、乳腺炎など症状の違いや程度によってもさまざまです。

まず、細菌感染が伴わない軽い乳腺症のケースは「うっ滞性乳腺炎」と呼ばれます。これは、凝固した乳汁が乳管を閉塞することが原因で、化学性炎症を起こしています。

乳腺外科クリニックで行う治療としては、患部を冷やす、乳房マッサージなど、炎症を悪化させないよう、抗生物質など薬の投与を行うのが一般的です。

しかし、うっ滞(血流などが静脈内などに停滞した状態)した乳汁にブドウ球菌、レンサ球菌などの細菌が感染している「化膿性乳腺炎」では、乳房の腫脹、ズキズキした痛みのほか、圧痛(圧迫時に生じる痛み)を伴うしこりもみられます。さらに、発熱、発赤(皮膚の一部が赤くなった状態)、脇の下のリンパ節の炎症を併発するほか、膿(うみ)を持ったおできも形成されます。このような状態になると、抗生物質の投与による治療が必要になります。

さらに症状が悪化した場合は、膿が溜まったしこりの切開手術を行い、膿の排出が必要になります。女性にとって乳房にメスを入れることは、肉体だけでなく精神的にも大きな影響を及ぼすので、早期治療を心がけましょう。


新商品 わかりやすい保険をつくりました。楽天生命のスーパー2000 総合保障保険 医療保障 死亡保障 ガン保障 これひとつでもう大丈夫! 保険料は月々たったの2,000円

インターネットやお電話で検討したい方

インターネット 簡単試算!
保険料の試算&申込み(チャットサービスでのご相談も可能!)
資料をもらう

商品パンフレットのPDF版ダウンロードはこちら

お電話
ネット商品お問い合わせ専用ダイヤル(無料)
0120-921-210 平日10時~20時受付 土日祝10時~18時受付(年末年始は除く)

専任のアドバイザーがお電話をお待ちしております。
お名前を伏せてのご相談も受け付けております。
携帯・スマホからもOK!詳しくはこちら

経験豊富な当社アドバイザー(代理店)と会って相談したい方

対面相談
対面相談(無料)の詳細
対面相談のお申込ダイヤル(無料)
0120-977-010 平日9時~19時受付(土日・祝日・年末年始を除く)

ご契約者の皆さま

保険金・給付金専用ダイヤル(無料)
0120-977-002 平日9時~17時受付(土日・祝日・年末年始を除く)
各種変更手続き専用ダイヤル(無料)
0120-977-010 平日9時~19時受付(土日・祝日・年末年始を除く)