現在地
楽天生命トップ > 女性保険(ココ・カラ)TOP > 女性の病気辞典 > 乳腺炎
働く女性のココロとカラダをスッキリ!ココ・カラ ココロもカラダもスッキリしよう!!
  • 「ココ・カラ」TOP
  • オススメ!女性向け医療保険商品
  • リアルコミック 女性の病気
  • 女性の病気辞典
  • これからに備える Womanコラム

女性の病気辞典

乳房の病気 乳腺炎

どんな病気?

乳腺炎には、さまざまな要因があり、生活環境や育児環境、産後の乳頭亀裂、お母さんの疲労、乳栓(おっぱいの詰まり物質)、不適切な授乳姿勢、不適切なくわえ方、不適切なミルク補充、授乳間隔の急な変化などが要因となり、乳腺炎は起こります。

母乳育児が順調だったお母さんの中にも、乳腺炎の症状を急に訴える場合もあります。その理由として、授乳リズムが変わった、授乳間隔が空いた、食事への注意が足りなかったなど、原因と思われる何らかの理由があるものです。その原因に気がつけば、ひどい乳腺炎にはならずにすみます。

さらに、授乳中のお母さんがおっぱいに痛いしこりを感じてから、どれだけ悪くなったら乳腺炎という明確な境目はありません。「いつもと違う」「何だかおかしい」と思ったら乳腺炎の初期症状かもしれませんので、早めに専門医の診察を受けましょう。

どんな症状?

乳腺炎とは乳腺の炎症のことで、乳房に発赤(皮膚の一部が赤くなった状態)、はれ、発熱、ズキズキする痛みがあり、授乳機能に支障をきたします。 多くの場合、まず乳房の一部が硬くなり、乳首の先の一部が白く詰まりますが、その詰まりさえ取れれば大丈夫。そのほかにも、乳管が少し詰まったことで乳腺が腫れて痛くなる状態や、乳腺の細菌感染が周りの組織に広がることで乳房膿瘍(うみが溜まった状態)のものまで、いろいろな段階があります。

ここでは乳腺炎の症状を大きく2つに分けて紹介します。

急性うっ帯性乳腺炎(急性停滞性乳腺炎)
出産後2~3日後ころに頻発し、特に初産の場合に多く見られます。微熱を伴うこともあるうえ、乳房全体が赤く腫れ、硬くなります。しこりがあるケースも多く、ちょっと触っただけでとび上がるような痛みを感じることもあります。また、急性うっ帯性乳腺炎になった人は細菌に感染しやすくなっているため、急性化膿性乳腺炎に移行することも多いため注意が必要です。

急性化膿性乳腺炎
産後2~3週間目くらいから出ることの多い症状です。

これは、授乳期には乳首に小さな傷がつきやすく、その傷から連鎖球菌や黄色ブドウ球菌などの細菌が侵入し、炎症を起こすことが原因とされています。急性化膿性乳腺炎は、乳首を不潔にしていれば常に起きやすくなるため、普段から清潔にしておくことが大切です。

症状としては乳房が赤く腫れ、痛みを感じます。しこりができるまでの症状は、急性うっ帯性乳腺炎と同じですが、急性化膿性乳腺炎の場合は、38~40度の高熱によって全身に寒気が走り、わきの下のリンパ節にも腫れを感じます。炎症が進行すると、膿瘍(うみのかたまり)ができ、乳汁に血やうみが混じることもあります。

治療法

急性うっ帯性乳腺炎(急性停滞性乳腺炎)
乳房を温めながらマッサージし、溜まっている乳を出すことが大事です。赤ちゃんに飲んでもらうことが一番ですが、飲みきれない乳は搾り出し、とにかく乳房の中に乳が溜まらないようにしておくことが肝心です。

急性化膿性乳腺炎
治療法は、消炎鎮痛剤や抗生物質の服用が基本ですが、乳房の冷湿布も効果的です。発熱した乳房を冷やすには、食品用の保冷剤などが効果的でしょう。しかし、いくら熱があるからといって、氷などで急激に冷やすと、かえって悪化させてしまうので、治療中は乳房に休息を与えるためにも授乳を休止して、ブラジャーでしっかり固定しておきましょう。

症状がひどく、膿瘍(うみのかたまり)ができた場合は、注射針で吸引したり、皮膚を切開して膿瘍を排出する方法をとります。


新商品 わかりやすい保険をつくりました。楽天生命のスーパー2000 総合保障保険 医療保障 死亡保障 ガン保障 これひとつでもう大丈夫! 保険料は月々たったの2,000円

インターネットやお電話で検討したい方

インターネット 簡単試算!
保険料の試算&申込み(チャットサービスでのご相談も可能!)
資料をもらう

商品パンフレットのPDF版ダウンロードはこちら

お電話
ネット商品お問い合わせ専用ダイヤル(無料)
0120-921-210 平日10時~20時受付 土日祝10時~18時受付(年末年始は除く)

専任のアドバイザーがお電話をお待ちしております。
お名前を伏せてのご相談も受け付けております。
携帯・スマホからもOK!詳しくはこちら

経験豊富な当社アドバイザー(代理店)と会って相談したい方

対面相談
対面相談(無料)の詳細
対面相談のお申込ダイヤル(無料)
0120-977-010 平日9時~19時受付(土日・祝日・年末年始を除く)

ご契約者の皆さま

保険金・給付金専用ダイヤル(無料)
0120-977-002 平日9時~17時受付(土日・祝日・年末年始を除く)
各種変更手続き専用ダイヤル(無料)
0120-977-010 平日9時~19時受付(土日・祝日・年末年始を除く)