現在地
対面販売トップ > 商品のご案内 > 終身医療保険2014

終身医療保険2014

終身医療保険2014・先進医療特約 [無配当]

初めて保険に入る方や、保障の見直しをお考えの方に!
  1. point1

    入院と手術を保障、入院保障は日帰り入院から!

    ガン(悪性新生物)による入院の場合、支払日数無制限で保障します。
    ガン(悪性新生物)以外の入院の場合、1回の入院の支払限度日数は60日、通算支払限度は1,095日までです。

    ※日帰り入院とは、入院日と退院日が同一の入院で、入院基本料等の支払いの有無で判断します。

  2. point2

    お手頃な保険料、一生涯保障!

    死亡保障や解約時の払戻金をなくし、お求めやすい保険料を実現しました。
    保険料は加入時のまま、保障は一生涯続きます。

    ※先進医療特約を付加した場合、先進医療特約は10年ごとに更新されるため、更新後の保険料が変更されることがあります。

  3. point3

    所定の障害状態になったら、保険料の払込みは不要!

    病気・ケガで所定の障害状態に該当した場合、以後の保険料の払込みを免除します。

  4. point4

    公的医療保険の対象にならない先進医療も保障!

    先進医療の技術料の自己負担額と同額を通算2,000万円まで保障します。

保障内容(入院給付金日額10,000円の場合)

入院

病気またはケガで入院したとき1回の入院につき60日まで、通算して1,095日まで
ただし、ガン(悪性新生物)による入院の場合は支払日数無制限

【入院給付金】

入院1日目からお支払い! 1日につき10,000円
手術

病気またはケガで所定の手術を受けたとき
(次のいずれかの手術)①約款別表に定める手術
②入院中※1に受けた公的医療保険対象の手術※2

【手術給付金】

支払回数無制限!※3 1回につき①の場合10万円、②の場合5万円
先進医療 (先進医療特約※4)

先進医療※5による療養を受けたとき(通算2,000万円まで)
【先進医療給付金】

先進医療にかかる技術料の自己負担額と同額
保険料の払込みの免除

病気またはケガで所定の障害状態になったとき

以後の保険料の払込みを免除
  1. ※1 入院給付金が支払われる入院とします。
  2. ※2 公的医療保険制度にもとづく診療報酬点数表によって手術料が算定される手術とします。ただし、①の手術は除きます。
  3. ※3 ファイバースコープによる手術など一部60日に1回の給付限度のある手術があります。
  4. ※4 先進医療特約は、終身医療保険2014と入院支援保険のいずれか一方に付加することができます。また、すでに他のご契約に先進医療特約を付加されている場合には、先進医療特約を付加することはできません。
  5. ※5 先進医療とは、厚生労働大臣が定める医療技術で、先進医療ごとに決められた適応症に対し、厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院または診療所において行われるものに限ります。

お支払例(入院給付金日額:10,000円の場合)

  1. お支払例1 ...十二指腸潰瘍で7日間入院した場合

    合計 7万円
  2. お支払例2 ...肺炎で25日間入院、入院中に咽頭ガン(悪性新生物)と診断確定され、さらに40日間入院、手術(悪性新生物根治手術)を受けた場合

    合計 75万円 ※ガン(悪性新生物)による入院は支払限度がないため60日を超えた入院についても支払われます。

ご契約について

主契約 終身医療保険2014 契約年齢 20歳~79歳
保険期間・
保険料払込期間
終身(先進医療医療特約は10年) 保険料払込方法 月払・口座振替扱
またはクレジットカード扱
付加できる特約 先進医療特約

保険料例(入院給付金日額:10,000円の場合)

(単位:円)
男性 契約年齢 女性
先進医療特約付 先進医療特約なし 先進医療特約付 先進医療特約なし
2,123 2,040 20歳 2,423 2,340
2,743 2,660 30歳 2,913 2,830
3,763 3,680 40歳 3,443 3,360
5,283 5,200 50歳 4,553 4,470
7,323 7,240 60歳 6,253 6,170

※先進医療特約の保険料は83円(男女・全年齢共通)です。先進医療特約は10年ごとに更新されます。(最長95歳まで) 更新時には保険料が変更されることがあります。

ご注意ください

ガン(悪性新生物)以外の入院については、直前の入院給付金が支払われる入院の退院日の翌日から180日以内に開始した入院は、原因にかかわらず1回の継続した入院とみなします。直前の入院給付金が支払われる入院の退院日の翌日から180日を経過して開始した入院については、新たな入院として取扱います。

ガン(悪性新生物)以外の入院の場合
  • 入院Aと入院Bは入院の原因にかかわらず1回の継続した入院とみなします。入院Bの30日目で1回の入院の支払限度(60日)に達するため、入院Bについては30日分のみお支払いし、20日分の入院については入院給付金をお支払いしません。
ガン(悪性新生物)による入院がある場合
  • 入院Aはガン(悪性新生物)による入院のため、入院Aと入院Bは1回の継続した入院とみなしません。

同一の日に複数の支払事由に該当した場合でも、入院給付金は重複してお支払いしません。

同時に2種類以上の手術を受けたときは、給付額のもっとも高いいずれか1種類の手術についてのみ手術給付金をお支払いします。

先進医療給付金のお支払対象となる先進医療について

先進医療特約の保険期間中、新たに厚生労働大臣の承諾を得た先進医療による療養は、先進医療給付金のお支払対象となります。
一方、ご加入時点で先進医療の対象であった医療技術でも、療養を受けた日現在において一般診療へ導入され、公的医療保険の給付対象となった場合や、承認取消などの理由により先進医療でなくなった場合は、先進医療給付金のお支払対象とはなりません。

先進医療特約は10年ごとに自動的に更新されます。

先進医療特約は健康状態にかかわらず、10年ごとに自動的に更新されます(最長95歳まで)。
先進医療特約の更新後の保険料は、更新日の年齢および保険料率により計算されるため変更されることがあります。

先進医療給付金の通算支払限度は更新前後を通算します。

  • 保険商品・総合パンフレットはこちら
  • 契約概要・注意喚起情報・ ご契約のしおり-約款(抜粋)
  • ご契約のしおり-約款はこちら

PDFファイルをご覧になるためには、Adobe Reader(旧:Adobe Acrobat Reader)が必要です。 Adobe社ウェブサイトから最新のAdobe Reader(無料)をダウンロードしてください。
Adobe® Reader™ のダウンロードは、こちら別窓で開きます

必ずお読みください

  • ■このホームページは商品の概要を説明しています。
    商品内容の詳細につきましては「パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり-約款」を必ずご覧ください。
  • ■この保険には保険期間を通じて解約時の払戻金はありません。
  • ■この保険には満期保険金および契約者配当金はありません。
  • ■このホームページの保険料及び保障内容などは2016年3月25日現在のものです。
対面相談で保険を検討したい。お好きなアドバイザーを選んで、相談ができます。 電話で対面相談の予約がしたい方 フリーコール 0120-977-010 平日9:00から19:00受付(土日・祝日・年末年始を除く) 詳しく見る
募集代理店および共済エージェントの方からのお問い合せは以下にお願いします。
代理店サポートデスク:050-3085-1680

2-2015-112(2015.7.21)

商品のご案内

お客さまの声

お問い合わせ先について

このページの先頭へ