ズバリ教えて!保険って本当に必要なの?保険は誰もが加入するべきなのでしょうか?加入をしないと損をしてしまうのでしょうか?保険が必要かどうか、考え方のポイントは2つあります。

ポイント1

保険の必要性は人それぞれ

保険には公的な保険と、それ以外の任意の保険があります。
公的な保険(健康保険、公的年金保険、雇用保険、労災保険、自賠責保険など)は、
加入条件に合致した場合に強制加入となるものが多いので、必要か不要かではなく、
きちんと入っていることを前提とすれば、これを除いた、
「任意の保険」には一切入らなくても大丈夫というお考えの方もいらっしゃいます。

【こんな人は任意の保険は不要かも?】極論ですが、お金を余るほど持っている独身サラリーマンで、かつ自宅も車も借金もなく、危険度の高い仕事や他人に危害が及ぶような趣味をやっていない人や、毎月の家計は黒字で、しかも退職金や企業年金が充実しているから自分の貯金はわずかでいいという人は、「任意の保険」の必要性はあまりないといえます。

世の中にある代表的な任意の保険と、頼らなくてもいい場合の例(※これ以外にもたくさんあります)

【心配事/任意で準備する保険/任意の保険に頼らなくていい場合】主たる所得者の死亡/死亡保険(<楽天生命がサポート!)学資保険/遺族がいない、預貯金が十分ある|病気・ケガ/(生命・損害保険会社が取り扱う)医療保険(<楽天生命がサポート!)/預貯金と公的保険でまかなえる|要介護状態/(生命・損害保険会社が取り扱う)介護保険/十分な介護資金がある|自動車等の事故/任意自動車保険/自動車を持っていない、運転しない|天災等による建物・家財の滅失/地震保険、火災保険/高額な家財がない|加齢による収入低下/養老保険、個人年金保険/預貯金と公的保険でまかなえる

上記には、公的保険について記載していないことにご留意ください。

ポイント2

どのくらい保障があればよいかは、ライフステージや置かれた状況に左右される

上記のような心配事に遭遇した場合、保険金や給付金に頼ることなくやり過ごせる範囲を考えてみましょう。
不足する分を、任意の保険でまかなうことをおすすめします。

(例)病気・ケガで入院をする場合

治療費・療養費に加えて入院時の差額ベッド代、食事代、生活用品、交通費など、思っているよりも費用がかかる場合があります。貯金額に不安があれば、任意の医療保険への加入を検討しましょう。

病気やケガに備えるための保険選びのポイントは?

(例)主たる所得者が死亡した場合

家族構成や年齢、必要な生活費、持ち家か賃貸か、預貯金やローンの残高などによって異なってきます。
任意の保険に加入済みの場合でも、ライフステージの変化に伴い、ご家族が増えたり減ったりした場合、また働き方が変わったり、家を購入したりした場合などには、保障が十分足りているかどうか見直しをしましょう。

ライフステージ別の死亡保険金の目安を知りたい!

あなたの保険料はどのくらい?保険料を試算する

ご契約の際は、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおりー約款」を必ずご覧ください。

楽天保険の総合窓口

  • ※楽天生命の委託先が承ります。
  • ※携帯電話からもご利用いただけます(通話料無料)

お電話で検討したい方

専任のアドバイザーがお電話をお待ちしております。
お名前を伏せてのご相談も受け付けております。

0120-849-019

平日 9:00~20:00 土日祝日 9:00~18:00 (年末年始を除く)

対面相談をご希望の方

あなたのお近くの代理店が無料でご相談をお受けします。
-楽天生命では、対面でのご説明・ご相談を、「代理店」が承っています-

0120-849-150

平日 9:00~19:00 土日祝日 9:00~17:00 (年末年始を除く)

お近くの代理店を探す

保険金・給付金のご請求
ご契約者さま

保険金・給付金ダイヤル

0120-849-151

平日、土日祝日 9:00~18:00 (年末年始を除く)

各種変更手続き
ご契約者さま

各種変更手続きダイヤル

0120-849-150

平日 9:00~19:00 土日祝日 9:00~17:00 (年末年始を除く)

楽天×FCバルセロナ 特設ページ