現在地
楽天生命トップ > ネット保険商品のご案内 > ネット保険を考える > 保険の見直しタイミング ~数年後に定年退職

保険の見直しタイミング  ~数年後に定年退職

末子が高校を卒業してから
妻自身の年金が出るまでに注意

50代の後半に差し掛かってくると、「あと数年で定年を迎えるから、保障額を一気に下げてしまおう」とか、「そろそろ保険を解約してしまおうか」などと考える方が少なからずいらっしゃいます。確かに、末のお子さんが高校を卒業したり、お子さんたちが大学生や社会人になられると、お子さんに対する死亡保障の役割は小さくなります。

ただし、死亡保障の役割が小さくなる半面、奥様自身の遺族保障も小さくなることをご存知でしょうか。ご主人に万が一のことが起こったとき、亡くなったご主人が会社員であって、高校生までのお子さんがいれば、遺族基礎年金+遺族厚生年金がもらえます。亡くなられたご主人が自営業の場合は、遺族基礎年金がもらえます。

ところが、末のお子さんが高校を卒業してしまうと、遺族基礎年金の支給は停止します。ご主人が会社員だった場合は、遺族厚生年金のほかに中高齢の寡婦加算という制度の年金がもらえますが、奥様名義の老齢基礎年金が受給できる65歳までは、年金額が少なくなります。自営業だった場合には、支給が停止してしまいます。

お子さん全員が高校を卒業してから、奥様自身の老齢基礎年金がもらえるようになるまでは、遺族保障が減ってしまう仕組みを踏まえて、奥様自身の老齢基礎年金が支給されるくらいまでは、ご主人の保険は減らしすぎない方が安全です。

保障額の一例として、下記に1000万円の死亡保障を得た場合の保険料をご紹介しています。遺族保障が下がった時点で、お子さんが大学生というケースも考えられますので、教育資金を確保する意味でも、保障の減らしすぎには注意しましょう。

1000万円の死亡保障額を確保する場合の保険料 
楽天生命ラブ(保険金額1000万円、保険期間10年、男性の場合)

夫死亡時の遺族年金受給のイメージ図(妻と18歳未満の子が2人遺された場合)

※文責&監修:FP 畠中雅子氏。コラム中に出てくる保険料以外のデータ(収入例、必要となる必要保障額など)は同氏の試算にもとづきます

2-2013-146(2013.10.18)

ネット保険を考える


新商品 わかりやすい保険をつくりました。楽天生命のスーパー2000 総合保障保険 医療保障 死亡保障 ガン保障 これひとつでもう大丈夫! 保険料は月々たったの2,000円

インターネットやお電話で検討したい方

インターネット 簡単試算!
保険料の試算&申込み(チャットサービスでのご相談も可能!)
資料をもらう

商品パンフレットのPDF版ダウンロードはこちら

お電話
ネット商品お問い合わせ専用ダイヤル(無料)
0120-921-210 平日10時~20時受付 土日祝10時~18時受付(年末年始は除く)

専任のアドバイザーがお電話をお待ちしております。
お名前を伏せてのご相談も受け付けております。
携帯・スマホからもOK!詳しくはこちら

経験豊富な当社アドバイザー(代理店)と会って相談したい方

対面相談
対面相談(無料)の詳細
対面相談のお申込ダイヤル(無料)
0120-977-010 平日9時~19時受付(土日・祝日・年末年始を除く)

ご契約者の皆さま

保険金・給付金専用ダイヤル(無料)
0120-977-002 平日9時~17時受付(土日・祝日・年末年始を除く)
各種変更手続き専用ダイヤル(無料)
0120-977-010 平日9時~19時受付(土日・祝日・年末年始を除く)