現在地
楽天生命トップ > ネット保険商品のご案内 > ネット保険を考える > 必要となる死亡保障額の目安 ~ライフスタイルの変化

必要となる死亡保障額の目安 ~ライフスタイルの変化

基本保障額を大まかにつかみ
ライフスタイルの違いで増減を

それぞれの方に必要となる死亡保障額は、ライフスタイルが変わるごとに変化します。必要保障額が変化することは理解していても、「具体的には、どのくらいの保障額にしておけば良いのか」については、疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。

死亡保障額を算出する際は、加入する方の働き方や家族構成、持ち家の有無、万が一亡くなった場合にもらえる遺族年金、その時点まで持っている貯蓄額など、さまざまな要素を踏まえて決めていきます。いくつかの要素によって変動する死亡保障額について、目安の例を表にまとめてみました。

必要となる死亡保障額の目安

この表は、小学生までのお子さんが1人、あるいは2人いるご家庭で、主な働き手がご主人の場合に必要となる基本保障額と、置かれている状況によって変化する金額をご紹介しています。

たとえば、自営業者の場合は、会社員に比べて遺族年金の金額が少なくなるため、死亡保障額は会社員の方より1000万円ほど、多く見積もっています。賃貸住まいの方は、ご主人が亡くなった後も、家賃を払い続けなければならないため、同じように1000万円ほど多い金額にしています。

いっぽう、ご主人に万が一のことがあった場合、実家に戻れたり、奥様自身も正社員として働かれている場合は、リスクが小さくなりますので、それぞれ1000万円ずつ差し引けるようにしています。ライフスタイルが変わることでも、保障額は変動することがおわかりいただけるのではないでしょうか。

※文責&監修:FP 畠中雅子氏。コラム中に出てくる保険料以外のデータ(収入例、必要となる必要保障額など)は同氏の試算にもとづきます

2-2013-146(2013.10.18)

ネット保険を考える


新商品 わかりやすい保険をつくりました。楽天生命のスーパー2000 総合保障保険 医療保障 死亡保障 ガン保障 これひとつでもう大丈夫! 保険料は月々たったの2,000円

インターネットやお電話で検討したい方

インターネット 簡単試算!
保険料の試算&申込み(チャットサービスでのご相談も可能!)
資料をもらう

商品パンフレットのPDF版ダウンロードはこちら

お電話
ネット商品お問い合わせ専用ダイヤル(無料)
0120-921-210 平日10時~20時受付 土日祝10時~18時受付(年末年始は除く)

専任のアドバイザーがお電話をお待ちしております。
お名前を伏せてのご相談も受け付けております。
携帯・スマホからもOK!詳しくはこちら

経験豊富な当社アドバイザー(代理店)と会って相談したい方

対面相談
対面相談(無料)の詳細
対面相談のお申込ダイヤル(無料)
0120-977-010 平日9時~19時受付(土日・祝日・年末年始を除く)

ご契約者の皆さま

保険金・給付金専用ダイヤル(無料)
0120-977-002 平日9時~17時受付(土日・祝日・年末年始を除く)
各種変更手続き専用ダイヤル(無料)
0120-977-010 平日9時~19時受付(土日・祝日・年末年始を除く)