現在地
対面販売トップ > 保険をご検討の皆さま > リビング・ニーズ特約について

リビング・ニーズ特約を付加できます!

  • リビング・ニーズ特約は次の主契約に付加することができます。
  • ・重度障害保険
  • ・定期保険
  • ・長期逓減定期保険
  • リビング・ニーズ特約を付加されている場合、被保険者の余命が6ヵ月以内と判断されるときに死亡保険金の全部または一部を被保険者にお支払いします。

(*1)余命6ヵ月以内とは、請求時において、日本で一般に認められた医療による治療を行っても余命が6ヵ月以内であることをいいます。余命6ヵ月の判断は、医師が記入した診断書や請求書類等の内容、または当社が確認を行った結果にもとづいて行います。

  • 指定保険金額は、リビング・ニーズ保険金の請求時に受取人(被保険者)が、死亡保険金額の範囲内(長期逓減定期保険の場合は請求日の6ヵ月後の応当日における死亡保険金額の範囲内)で指定してください。ただし、1人の被保険者につき指定できる金額の限度は、リビング・ニーズ特約が付加された他の契約と通算して3,000万円となります。
  • リビング・ニーズ保険金を受け取った後、6ヵ月以内に被保険者が死亡された場合でも、差し引いた6ヵ月分の利息・保険料については返金しません。
  • 保険期間満了前1年以内の保険契約(保険期間満了時に保険契約が更新される場合を除きます。)については、リビング・ニーズ保険金はお支払いできません。
  • 特約の保険料は必要ありません。
  • リビング・ニーズ保険金が支払われた場合、リビング・ニーズ特約は消滅します。

ご注意ください

長期逓減定期保険の場合、指定保険金額は「請求日の6ヵ月後の応当日の死亡保険金額の範囲内」とします。例えば請求日から第一期間の満了日まで6ヵ月に満たない場合には、指定保険金額は第二期間の死亡保険金額の範囲で指定していただきます。第二期間の死亡保険金額は第一期間の死亡保険金額より少ないため、死亡日によっては、リビング・ニーズ保険金として生前に受け取った場合と、リビング・ニーズ保険金を請求せずに死亡保険金を受け取った場合とで、受け取る金額が大きく異なることがありますのでご注意ください。

リビング・ニーズ保険金の請求日は第一期間であるが、
請求日の6ヵ月後の応当日は第二期間となり、保険金額が減少している場合

上記の場合で、第二期間の死亡保険金額全部を指定保険金額に指定した場合、お支払額は「第二期間の死亡保険金額から、請求日から6ヵ月間の指定保険金額に対応する利息および保険料を差し引いた金額」となります。リビング・ニーズ保険金を受け取った後、被保険者が第一期間中に死亡された場合でも、第一期間の死亡保険金額と第二期間の死亡保険金額の差額はお支払いしません。

■このホームページは商品の概要を説明しています。
商品内容の詳細につきましては、「パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり-約款」を必ずご覧ください。
2-2013-021(2013.4.1)

商品に関してのご質問・ご相談

お客様サポートデスク フリーコール  0120-921-210 受付時間 10:00~18:00(土日・祝日・年末年始を除きます)

募集代理店および共済エージェントの方からのお問い合せは以下にお願いします。
代理店サポートデスク:050-3085-1680

商品のご案内

お客さまの声

お問い合わせ先について

このページの先頭へ